販売代理店一覧
販売代理店の皆様

INTRODUCTION/SUBSIDY

発電機導入/補助金

自家用発電機の種類/違い

自家用発電設備は、大きくは常用発電機と非常用発電機に分類されます。
更に非常用発電機は、法令によって設置が義務付けられた消防設備の非常用電源に用いる「防災用発電機」と、停電時のためのバックアップ電源として自主的に設置する「保安用/業務 用発電機」の2種類があります。
消防設備(スプリンクラー、消火栓、排煙設備など)に用いる防災用発電機は、施設の規模等によって設置が義務付けられているものであり、法令により発電機の各仕様が定められています。
一方、保安用/業務用発電機は仕様等は特に定められておらず、用途や業務内容に応じて発電機の機種や容量を決定します。

GENERAC非常用発電機は防災用認定品ではないため、「防災用発電機」として用いることはできません。
事業継続計画(BCP)に対応したバックアップ用の非常用電源や、電力ピークカット用電源となる「保安用/業務用発電機」として用いることができます。
ただし、所轄消防署から「防災用準拠品」として認められれば、防災用として使用できる場合もあります。

防災用自家発電装置が必要な消防設備は下記をご参照ください。