販売代理店一覧
販売代理店の皆様

EXAMPLE

用途別使用例

ピークカット

電力ピークカットと、デマンドコントロールの仕組み

デマンドコントローラによって使用電力量を監視し、代わりの電力は代替の電源(発電機・太陽光発電等)から供給することによって電力ピークカットを行います。
まずはデマンドコントローラで電力消費量を監視します。
エアコンなど負荷の高い電気機器の利用によって、設定した基準以上のデマンドが30分以上発生した場合は、超過分の電力を代替の電源から供給するように切り替えます。代替の電源から供給する電力をコントロールしながら、契約電力の上限を超えないようにデマンドを調整(ピークカット)します。これによって、契約電力を低減することが可能になります。

太陽光発電+ガス発電機による電力ピークカット

GENERACの非常用ガス発電機と、太陽光発電を組み合わせた電力ピークカットシステムで、電気料金を大幅に削減しませんか?
平常時のベース電源として太陽光発電と商用電力を用いながら、電力ピークカットによってピーク時の電力使用量(最大デマンド値)を下げることができれば、基本料金となる契約電力が下がり、電気料金を削減することができます。
もちろん、災害等による停電発生時には、非常用電源としてBCP対応のGENERAC 非常用ガス発電機を稼働させ、電力を供給したり暮らしのためのエネルギーを利用することができます。
太陽光発電・非常用発電機はどちらも補助金の適応対象で、初期投資の金額を抑えることが可能です。また、リースを利用して非常用発電機を導入すれば、多額の購入資金が不要となり、リース料は経費で処理できます。

また、東日本大震災後に発生した電力不足への対応策として、太陽光発電の推進や、非常用発電機を活用した電力ピークカットによる電力デマンドの低減が電力会社から要請されています。
電力会社の電力需要データによると、電力消費のピークは夏場が午後2時前後、冬場は午前9時頃と夕方5時頃であり、それに合わせて非常用発電機を運転し電力ピークカットを行うことで、電力の消費量を下げることが可能になります。

GENERAC非常用・常用発電機で行うピークカット

GENERAC非常用発電機は、電力ピークカット用の常用発電機として、さらに災害発生時の非常用発電機として、1台2役で使用することができます。非常用発電機は災害発生時などの備えとして設置するため、通常時はほとんど稼働していません。また、ピークカット用の常用発電機は、一日のうちで電力ピークが発生する短い時間だけ稼働するものであり、設備効率はあまり良くありません。しかしどちらの用途にも兼用で使える発電機があれば、設備効率は一気に向上します。特に、電力需要の変動が激しい事業所や工場といった施設では、電力ピークカットによって契約電力料金を大幅に低減できる可能性があり、毎月削減できる電気料金で非常用発電機の導入コストをカバーすることも可能です。
リース等を利用して非常用発電機を導入すれば、削減した電気料金とリースの支払い差額を相殺することもできます。もちろん、災害発生時には非常用発電機に切り替わり、保安用のバックアップ電源やライフラインの供給に活用できます。

GENERAC非常用発電機の導入によるメリット

●電気料金削減 発電機を電力ピークカットに用いて電気料金を削減できます
●設備効率向上 常用発電機・非常用発電機を兼用するので設備効率が向上します
●災害対策 災害発生時の非常用電源に用いて設備の機能を維持できます
●BCP対策 BCP(事業継続計画)対策によって社会的信頼が向上します
●地域貢献 一時避難者にも電源や暖房を供給できます
●全国展開 安心のフルメンテナンス体制が整っています
●世界的実績 全米シェアNo.1の実力と実績で期待に応えます