台風15号の停電でも電力供給 千葉県CHIBAむつざわエナジー

台風

2019年(令和元年)9月9日に上陸した台風15号と、10月12日に上陸した台風19号による大雨や強風の被害は大きく、各地で堤防が決壊したり、強風による電柱倒壊、倒木などが発生しました。

中でも台風15号は、関東地方に上陸した台風の中では観測史上最強クラスの勢力となり、上陸地点の千葉県では、強風による送電塔や電柱の倒壊により、大規模な停電が発生しました。

千葉県ではピーク時で約64万戸が停電し、それ以後も地域によっては復旧に時間がかかり、長期に渡って停電が続きました。

停電中のスーパーやコンビニでは冷蔵庫や冷凍庫が稼働せず、食品に大きなロスが生じ、自家発電設備のない病院や特別養護老人ホームでは、医療機器が使用できないという事態も発生しています。

このような災害発生時に活躍するのが、LPガスを燃料とする「非常用発電機」です。

CHIBAむつざわエナジーが停電時に電力供給

千葉県長生郡睦沢町と地元企業が設立した新電力、CHIBAむつざわエナジー(睦沢町)は、台風15号によって周辺市町村が停電した際に、天然ガスを燃料とするガス発電機を稼働させて電力を供給したと発表しています。

また、むつざわスマートウェルネスタウンに立地する「道の駅むつざわ つどいの郷」および周辺の町営住宅団地に対して、ガス発電機の排熱を活用した温水シャワーとトイレを無料開放しています。

CHIBAむつざわエナジーお知らせ 台風15号の影響で町内全域が停電する中、防災拠点であるむつざわスマートウェルネスタウンへ電力と温水を供給しました

CHIBAむつざわエナジーは、町内で生産された天然ガスを活用して、ガス発電による同タウンへの地産地消のエネルギー供給事業を開始しており、今回の台風15号による大規模停電でも、GENERACガス発電機を稼働させて電力供給を行っています。

また、災害発生時にBCP対策拠点としての機能を担う「道の駅むつざわ」は、今回の台風でその役割を果たすことができることを実証しています。

災害に強いGENERACガス発電機

BCP 事業継続計画(Business Continuity Plan)

送電線を使う電気や、ガス管で供給される都市ガスは、災害発生時にインフラが破壊されると供給が途絶え、修復されるまで時間がかかります。

今回の台風15号で発生した停電は、完全復旧までに最大2週間を要しましたが、LPガスは容器でどこにでも供給可能なので、災害時でも使うことができます。

また、東日本大震災による経済活動の大混乱の教訓から、BCPの積極的推進活動が始まり、その周知と導入が急速に広まっています。内閣府 中小企業庁では、すべての大企業と中小企業の半数以上にBCPの導入目標を掲げています。

地震や台風などの自然災害によって電気・都市ガス等のライフラインが寸断されても、ガス発電機と災害用LPガスバルクを設置しておくことで、復旧までの数日間、食事や暖房、シャワー等への給湯等、暮らしのためのエネルギーを継続してお使いいただくことができます。

地震や台風に備える 災害に強い非常用LPガス発電機