MENUMENU

生産性向上設備投資促進税制 GENERAC非常用発電機も対象です

経済産業省 生産性向上設備投資促進税制

平成26年1月20日から平成29年3月末日まで実施される経済産業省の生産性向上設備投資促進税制は、GENERAC非常用発電機も対象となっています。

生産性向上設備投資促進税制は、設備投資の際に税制優遇が受けられる制度で、GENERAC非常用発電機の導入時に対象となるのは、最新設備の要件(A類型)となります。

最新設備の要件(A類型)は、機械装置・工具・器具備品・建物・建物附属設備・ソフトウエアが対象で、導入する設備が最新モデルであること、生産性が年平均1%以上向上していることとなっています。

税制優遇の額は、平成26年1月20日から平成28年3月末日まで設備導入時に即時償却、または税額控除5%となり、平成28年4月1日から平成29年3月末日までは、特別償却50%、または税額控除4%となります。

税制優遇に必要な手続は、設備メーカーから証明書を受け取るだけです。簡単な手続きで税制優遇が受けられるので、非常用発電機の導入をお考えの事業者様は、ぜひ一度シーエープラント エネルギー事業部まで、お電話(Tel:075-863-3300)または下記のメールフォームにてご相談ください。

https://generac.jp/inquiry/

お問い合わせ | Generac LPガス発電機

経済産業省でも生産性税制電話相談窓口(Tel:03-3501-1565)を設けております。

生産性向上設備投資促進税制に関する詳細は、経済産業省ウェブサイト内の生産性向上設備投資促進税制に関する資料をご覧ください。

http://www.meti.go.jp/policy/jigyou_saisei/kyousouryoku_kyouka/seisanseikojo.html

生産性向上設備投資促進税制(METI/経済産業省)