省エネ・ピークカットのさらなる効率化へ 工場向けエネルギーマネジメントシステム(FEMS)を導入

FEMS 消費電力見える化システム

株式会社シーエープラントでは、消費電力量を可視化するとともに、非常用発電機やガスコージェネレーションによるピークカットのさらなる効率化を図るため、京フェムス推進事業補助金を活用した工場向けエネルギーマネジメントシステム(FEMS)と、京都大学が開発した消費電力見える化システムを導入いたしました。

エネルギーマネジメントシステム(EMS)とは、エネルギー消費の無駄を「見える化」し、エネルギー使用量のピークカットや運用改善を通じて、消費エネルギー(電気・ガス代等)を低減させるための仕組みです。

EMSには用途に応じた名称があり、工場向けのFEMS、住宅向けのHEMS、ビル向けのBEMS、マンション向けのMEMSなどがあります。

工場向けエネルギーマネジメントシステム(FEMS)

FEMS 配電盤
工場向けエネルギーマネジメントシステム(FEMS)の運用にあたり、工場内で消費される電力を計測するため、配電盤の各配線にCTクランプと無線ユニットを取り付け、省電力無線のZigbeeでデータ通信を行っています。

そのデータを数値やグラフで可視化して分析するため、京都大学が開発したスマート電力マネジメントシステムで集計しています。

FEMS 消費電力見える化システム

各センサーで収集されたデータは、PCからリアルタイムで常時確認することができます。消費電力はグラフや数値で表示され、概算の電気料金もわかるようになっています。

エネルギーマネジメントシステム(EMS)による省エネ

発電機を活用したEMS
株式会社シーエープラントでは、エネルギー事業の一環として、アメリカのGENERAC非常用発電機と、チェコのTEDOMガスコージェネレーションシステムを販売しています。

また、非常用発電機やガスコージェネレーションによる電力ピークカットシステムの開発も進めており、ピーク時の電力を発電機から給電することで、電気料金を大幅に削減することが可能になります。

電力ピークカットシステムをうまく利用するためには、各系統ごとの消費電力量を分析し、リアルタイムで配電盤や発電機を連動させることが重要です。

その効率化を図るため、株式会社シーエープラントでは工場向けエネルギーマネジメントシステム(FEMS)を活用し、さらなる省エネと消費電力量の削減に向けた研究を進めていきます。

非常用発電機による電力ピークカットで電気料金を大幅に削減

高エネルギー効率と環境負荷低減に優れたTEDOMのガスコージェネレーション

今回の工場向けエネルギーマネジメントシステム(FEMS)導入にあたり、一般社団法人京都産業エコ・エネルギー推進機構、協和テクノロジィズ株式会社から多大なるご支援・ご協力をいただきました。

一般社団法人 京都産業エコ・エネルギー推進機構

協和テクノロジィズ株式会社