GENERAC発電機使用例 データセンター

generac発電機 データセンター

インターネット運営の要であるデータセンターは、一瞬の停電も許されません。そのため、データセンターのバックアップ電源は、ファイブナインと呼ばれる99.999%の稼働時間保証が求められます。

GENERAC発電機は、データセンターに求められる厳しいバックアップ電源仕様に対応し、データセンター運営で必要な電力供給や冗長性、スケーラビリティ、安全性を提供します。

また、Generac発電機はデータセンターの認証機関 Uptime Institute の Tier レベルに基づき、データセンターで使用されるさまざまな非常用電源ソリューションを提供しています。

データセンターのバックアップ電源

generac発電機 MPS

産業のインターネット化は年々加速し、増え続けるネットワークトラフィックに合わせて、データセンターの需要も増加しています。

また、マルチテナントコンピューティング、コロケーション、クラウドコンピューティングなど、ネットワークに用いられる技術はさらに進化し、データセンター全体の平均消費電力も増加しています。

インターネット運営の要であるデータセンターは、一瞬の停電も許されません。

Generac産業用発電機 Industrial Powerは、余裕ある電力供給能力で成長し続けるデータセンターの電源供給をカバーし、専門知識を有するサポートネットワークによって、ファイブナインと呼ばれる99.999%の稼働時間保証にも対応しています。

Generac発電機は、Uptime Instituteで認証されるTierレベルに基づき、データセンターで使用されるさまざまな非常用電源ソリューションを提供しています。

Uptime Institute からTier IIIまたはTier IV認定を取得するためには、連続電力供給によるデータセンター業務の継続性や、オンサイト電源が必要な要素となります。

※ Uptime Instituteは、データセンターを運用する数十社の企業が集って設立され、データセンターの調査、教育、コンサルティングの他、データセンターの設備に対してTierレベルを認定する機関です。データセンターに対して認定されるTierレベルは、第三者機関による検証が行われ、データセンターを運営する世界中の企業や教育機関に付与されます。

容易に発電容量を増強 GENERAC MPSシリーズ

GENERAC非常用発電機 gaseous

Generacのモジュラーパワーシステム(MPS)は、データセンターの成長とともに増設されるサーバー台数に合わせて発電機を設置・並列化し、データセンター運営で必要な電力供給能力を容易に増強することができます。

MPSシリーズは、増設した発電機をジェネレータバス、またはそのバスのブレーカに直接接続することが可能で、制御を並列化する必要はありません。

また、GENERAC MPSシリーズは、ディーゼル、LPガス、またはバイフューエルなどの燃料オプションを組み合わせることで、燃料の冗長性を確保することができます。

送電線を使う電気や、ガス管で供給される都市ガスは、災害発生時にインフラが破壊されると供給が途絶え、修復されるまで時間がかかります。LPガスは災害に強く、容器があればどこでも供給可能です。