MENUMENU

地震や台風に備える 災害に強い非常用LPガス発電機

非常用発電機の必要性 予測困難な自然災害
非常用発電機の必要性 予測困難な自然災害
非常用発電機の必要性 予測困難な自然災害

地球上ではこれまでに経験したことのない想定外の気象変動が起こり、台風による豪雨や強風によって被害が増えています。また、地震や津波が発生すると、電気や水道などのインフラが被害を受け、停電が発生することも少なくありません。

止めることのできない電気機器は年々増え続けています(携帯電話・パソコン・無線・冷暖房・ポンプ・透析器や痰吸入器や酸素などの医療機器ほか)が、災害時でも給電できる施設は限られ、停電による備えは万全とはいえません。

このような非常事態の中で最後の砦となるのが、軒下在庫のできるL P ガスを燃料とした「非常用発電機」です。災害発生時は、非常用発電機を導入したユーザーが地域社会に貢献し、大きな役割を果たすことは間違いありません。

※ 医療機器への接続および使用は、事前に医療機器会社・医師・病院等に確認のうえご使用ください。

災害に強いLPガス

「地震列島」と呼ばれる日本では、災害生時においても安定期的に使用可能なエネルギー源を確保することが重要な課題となっています。

LPガスは、各需要家ごとに個別に供給可能な「分散型エネルギー」なので、災害発生時にガスの供給が遮断された場合も、個別に調査・点検を行うことで 都市ガスや系統電力に比べて相対的に早く復旧させることができます。

また、通常の場合、家屋の横にLPガス容器が2本設置されており、言わば軒下に在庫がある状態となっているので、1本目が切れても、2本目で1か月以上ガスを使い続けることができます(50kg容器×2本の場合)。

そして、緊急時のエネルギー源として、避難所や仮設住宅等にも迅速に供給することができます。

災害時ライフラインとしてのLPガス

LPガスは災害に強いエネルギー

東日本大震災の被災地では、水道、電気、都市ガス、石油製品などの供給再開に相当の日数を必要としましたが、LPガスはわずか数日で供給を再開しています。

3月11日の地震発生後、LPガスの全面復旧は4月21日です(都市ガス5月3日、電力6月18日)。LPガスは復旧が早く、災害に強いエネルギーとして見直されています。

※参考元:日本LPガス協会ホームページ

非常時の電力供給

送電線を使う電気や、ガス管で供給される都市ガスは、災害発生時にインフラが破壊されると供給が途絶え、修復されるまで時間がかかりますが、LPガスは容器でどこにでも供給可能なので、災害に強いエネルギーと言えます。

また、電気や都市ガスは蓄えることはできませんが、LPガスは容器及びバルク貯槽に蓄えられた「軒下在庫」によって、災害時でも使うことができます。

LPガスは、他にも長期保存が可能、ガソリンや軽油に比べてクリーンなエネルギー、運搬が容易といったメリットがあります。

非常用発電機の必要な施設

工場・コンビニ・病院・公共施設等の停電対策にぜひご検討ください。

公民館、消防分団、ビル、マンション、学校、工場、倉庫、スーパー、コンビニ、ホテル、旅館、神社、仏閣、集会場、役所、病院、診療所、介護施設、グループホームなど

非常用発電機の必要な施設

GENERAC 非常用発電機の業種別使用事例はこちらをご覧ください。

病院の停電対策に 非常用発電機のご提案

老人ホーム・介護施設の停電対策に LPガス非常用発電機

GENERAC非常用発電機使用例 スーパー・コンビニ・商業施設

GENERAC発電機使用例 自治体・市町村・地方公共団体

GENERAC発電機使用例 教育機関 学校・大学

災害時でもLPガスなら容易に調達できます

都市ガスは2000万世帯、LPガスは2400万世帯で利用され、日本全国で容易に入手することが出来ます。災害時でもLPガスなら調達しやすく、移動も簡単、しかも容器及びバルク貯槽で保管できるので安心です。

BCP 事業継続計画で災害に備える

東日本大震災による経済活動の大混乱の教訓から、政府・自治体が中心となり「企業の生き残り対策」としてBCP 事業継続計画(Business Continuity Plan)の積極的推進活動が始まり、その周知と導入が急速に広まってきています。

内閣府 中小企業庁では、すべての大企業と中小企業の半数以上にBCPの導入目標を掲げています。

BCPは「従業員の生命」や「経営資源」を守った上で、事業を早期復旧するとともに、「顧客からの信用」と「従業員の雇用」を維持し、企業活動を継続させることを目的としています。

災害発生時には、ヒトやモノなどの経営資源が著しく不足します。その中で、事業を継続・早期復旧させるためには、限りある経営資源を活用して、最低限必要な業務に絞り込み、対応策を検討する必要があります。

BCPの導入に伴い、非常用発電機を設置して電力の確保を自社で行う企業も増加しています。

BCP 事業継続計画(Business Continuity Plan)

地震等の災害によって電気・都市ガス等のライフラインが寸断されても、非常用LPガス発電機と災害用LPガスバルクを設置しておくことで、復旧までの数日間、食事や暖房、シャワー等への給湯等、暮らしのためのエネルギーを継続してお使いいただくことができます。

● 停電発生から停電信号を受信し、約10秒後に発電機が起動し電力供給を開始します。
● 通電復旧後、約1分でエンジンが停止し通常時の待機状態に戻ります。

BCP 事業継続計画に関する資料は下記からダウンロードできます。(.pdf 1.8MB)
https://generac.jp/Caplant-bcp.pdf