老人ホーム・介護施設の停電対策に LPガス非常用発電機

老人ホーム 介護施設

老人ホームや介護施設でも、災害でライフラインが断たれた場合を想定した長時間の停電対策が必須の時代となりました。

ご利用者の方に安心して過ごせる環境を提供するため、不意の停電に備えたLPガス非常用自家発電機を設置して、万が一の地震や災害に備えませんか。

災害に強いエネルギー源、LPガスを燃料とするGENERAC非常用発電機があれば、万が一の災害発生時でも人工呼吸器や医療機器を長時間稼働させるとともに、ご利用者の方にも食事や暖房、シャワー等への給湯等、最低限のライフラインを確保することが可能です。

また、GENERAC非常用発電機は、リースやクレジットでも導入が可能です。一度に多額の投資を必要とせず、支払いは経費で処理することができます。

詳細はこちらをご覧ください リースを利用した非常用発電機の導入

老人ホーム・介護施設に必要な非常用発電機

LPガスは災害に強いエネルギー

災害時に老人ホームや介護施設で停電が発生すると、水道や照明といった日常のライフラインが止まるだけでなく、生命維持に必要な人工呼吸器や痰の吸引器といった医療機器も停止します。

東日本大震災の被災地では、水道、電気、都市ガス、石油製品などの供給が長期間停止し、再開に相当の日数を必要としました。しかし、LPガスは電線や導管といったインフラ設備を必要とせず、容器を運搬すればどこにでも供給可能なので、わずか数日で供給を再開し、災害に強いエネルギー源としてLPガスが見直されるきっかけとなりました。

また、災害発生時から組織的な救助が開始されるまで、およそ72時間かかると言われていますが、LPガスは劣化せず長期保存が可能であり、燃料の備蓄があれば72時間以上電力を継続して供給することができます。

老人ホームや介護施設では、一刻も止めることのできない呼吸器や痰吸入器、酸素供給システムなどの医療機器がたくさん稼働しています。災害発生時でも長時間使える電源を確保し、ご利用者の生命や身体の安全を守るには、災害に強いLPガス非常用発電機が最適です。

立ち遅れる老人ホームや介護施設の事業継続計画(BCP)策定

BCP 事業継続計画(Business Continuity Plan)

高齢化社会を迎え、各地で建設が進む老人ホームや介護施設の多くは、いまだに事業継続計画(BCP)が策定されていません。

先進的な老人ホームや介護施設では、積極的に事業継続計画(Business Continuity Plan)を導入し、災害時の対応を見直すだけでなく、非常用発電機の導入といった防災面での備えを積極的に発信して、「安心できる施設」という独自のブランディングに取り組んでいます。

老人ホームや介護施設では、電気・ガス・水道といったライフラインが復旧しないと、入居者のケアもままなりません。事業継続計画(BCP)の導入に伴い、災害時でも自前で電力を確保するため、非常用発電機を導入する施設が増えています。

非常用LPガス発電機と災害用LPガスバルクを設置しておくことで、地震等の災害発生時でも生命維持に必要な呼吸器や痰吸入器、酸素供給システムなどの医療機器だけでなく、利用者の方にも食事や暖房、シャワー等への給湯等、生活のためのエネルギーを継続して提供できるようになります。

※ 医療機器には、事前に医療機器会社・医師・病院等に確認の上でご使用ください。

BCP 事業継続計画に関する資料は下記からダウンロードできます。(.pdf 1.8MB)
http://generac.jp/Caplant-bcp.pdf

医療機関で多数の設置実績 GENERAC LPガス非常用発電機

GENERAC 病院向け非常用発電機

アメリカでナンバーワンの実績を誇る GENERAC LPガス非常用発電機は、緊急時の非常用電源としてアメリカの医療機関に多数の設置実績があり、コンパクトな設計で狭い場所にも設置が可能です。

災害発生時に介護サービス施設や医療機関、特別養護老人ホームなどで停電が発生すると、次のような影響が考えられます。

● ご利用者様の健康維持や治療、生命維持に関わる医療機器が使用できなくなります。
● 揚水ポンプが止まるので給水が停止し、非常用の井戸も使えなくなります。
● 水が使えないので入浴や洗濯ができず、トイレも使用できなくなります。
● 照明が使えないので室内が暗くなり、ケアや介護に支障が出ます。
● エレベーターやリフトが止まるので、人や物の移動が困難になります。
● ナースコール等の緊急連絡手段が使えなくなります。
● PCが停止し、携帯やスマホ等の充電ができなくなります。

訴訟大国アメリカでは、医療機関でトラブルが発生した場合、多額の賠償が必要になりますが、GENERACのLPガス非常用発電機は、その高い信頼性と実績により、アメリカの医療機関にも多数設置されています。

介護サービス施設や医療機関をはじめ、老人短期入所施設、特別養護老人ホーム、老人デイサービスセンター、老人デイケアセンター、老人介護支援センターなどで、最低限のライフラインを確保するための非常用自家発電設備としてお使いいただけます。

安心の非常用発電機メンテナンスサポート

servicing

非常用発電機は、停電や災害など緊急の場合に確実に動かなければ役に立ちません。非常時に作動させるためには、定期点検や経年劣化する部品の交換などのメンテナンスが大切です。(消防法では年2回の保守点検が義務づけられています)

GENERAC非常用発電機は週に1回、12分間のセルフチェック運転を自動的に行います。(運転曜日・時間の任意設定可能)機器自体が自己チェックを行い、デジタルコントローラーの液晶画面に表示します。

また、定期メンテナンスは、シーエープラントで特別な研修を受けたエンジニアが責任をもって対応いたします。メンテナンス拠点は日本全国に拡大中です。

もしもの時に働いてくれる。そのためにも定期点検と整備で安心を!停電や災害など緊急の場合、確実に起動することが非常用発電機の使命です。

GENERAC非常用発電機に関するご質問、ご相談等があれば、お気軽にお問い合わせください。リースや割賦を利用した非常用発電機の導入も承ります。