非常用発電機の導入 リース・割賦・クレジットの比較

GENERAC非常用発電機を導入される際に、購入以外の方法としてリース・割賦・クレジット(分割払い)がご利用いただけるようになりました。

お客様の資金状況に合った導入方法を選択できるので、会社資金の効率的運用が可能となります。GENERAC非常用発電機を導入される際はぜひご検討ください。

※ 非常用発電機導入方法 選択のポイント
● 手元資金を温存し、比較的短いサイクルで非常用発電機を入れ替える場合 リース
● 手元資金を温存し、非常用発電機を長期間使用する場合 割賦またはクレジット
● 手元資金に余裕があり、事務手続や保険負担等に問題がない場合 購入

リースを利用した非常用発電機導入のメリット

リースを使う一番のメリットは、一度に多額の資金を必要とせず、毎月一定額の支払いを経費で処理できるところです。

これによって運転資金を留保すると同時に、その資金を効率的に運用し、他への投資に当てたり、利益を生み出すことが可能です。

GENERAC非常用発電機をリースで導入される際は、下記のページをご参照の上、メリットとデメリットをよく理解してからご検討ください。

リースのメリットとデメリットについて リースを利用した非常用発電機の導入

割賦を利用した非常用発電機導入のメリット

割賦を利用するメリットは、割賦支払い終了後に非常用発電機がお客様の所有となることです。また、支払いを細分化することができるので、一度に資金が流出せず、資金の有効活用が可能となります。

支払は月払い以外に、半年払いや年払いも選択でき、動産総合保険が付いているので不慮の事故発生時も安心です。

割賦のメリットとデメリット 割賦・クレジットを利用した非常用発電機の導入

クレジットを利用した非常用発電機導入のメリット

クレジット(分割払い)を使うと、3回払いや6回払い等の長期に渡る分割支払いが可能になります。もちろん、非常用発電機は支払い終了後にお客様の所有となります。

支払は月払い以外に、半年払いや年払いも選択できます。

クレジットのメリットとデメリット 割賦・クレジットを利用した非常用発電機の導入

非常用発電機導入方法の比較 リース・割賦・クレジット

項目 リース 割賦 クレジット
対象物件 動産 動産 動産
取引形態 賃貸借 売買 代金立替払い
契約期間 比較的長期
(3~6年程度)
比較的長期 月単位
所有権 リース会社 所有権留保
完済後に移転
所有権留保
完済後に移転
固定資産税支払 リース会社 お客様 お客様
損金算入 リース料全額 金利+減価償却費 金利+減価償却費
契約終了時 物件の返却
又は再リース
所有権移転 所有権移転
事務手続 ※ リース会社 お客様 お客様

※ 事務手続とは、購入手続や保険加入、固定資産税の申告など、煩雑な事務手続の実行を誰が行うかを示しています。

非常用発電機導入方法の比較 メリットとデメリット

項目 メリット デメリット
購入 金利負担不要
自己所有のため利用に制限がない
手元資金の減少
減価償却・固定資産税等の手続き
保険加入は自己負担
リース 手元資金の温存
動産総合保険付(リース期間内)
事務手続き簡略化
耐用年数より短期で償却可能
金利負担(固定金利)
長期使用時の満了後負担
割賦 手元資金の温存
動産総合保険付(契約期間内)
完済後は自己所有となる
金利負担(固定金利)
減価償却・固定資産税等の手続き

GENERAC非常用発電機 リース導入問い合わせ