LPガス発電機の特徴

増え続ける自然災害

現在、世界的に経験したことのない想定外の気象変動が起こっています。政府及び地方自治体は後手後手の対策に追われ、災害を被る人々や企業が、自衛により災害を乗り越えなければならない状況は年々増加しています。

豪雪によってライフラインは寸断され、雪崩による被害が発生します。また、スリップや衝突による交通事故が多発します。

雪害 雪で埋まる店舗

1995年に発生した阪神・淡路大震災や、2011年に発生した東日本大震災の記憶はまだ生々しく、広大な範囲で壊滅的な被害が発生し、各種インフラが寸断されました。また、地震によって誘発された津波や火災は甚大な被害をもたらしました。

津波 地震で倒壊した建物

年々巨大化する台風は、日本各地で大雨や強風による大きな被害をもたらし、河川の氾濫などの災害を引き起こしています。

強風被害 大型台風による豪雨

集中豪雨やゲリラ豪雨による豪雨災害は、道路の冠水、土砂崩れ、家屋の流出などの原因となります。

道路の冠水 豪雨による災害

災害に強い非常用ガス発電機

災害によって、電気や水道などのインフラが被害を受け、停電が発生することも少なくありません。しかし、止めることのできない電気機器は年々増え続けています。(携帯、パソコン、無線、冷暖房、ポンプ、透析器や痰吸入器や酸素などの医療機器ほか)

このような非常事態の中で最後の砦となるのが、軒下在庫のできるガス体エネルギーを燃料とした「非常用発電機」です。災害発生時は、非常用発電機を導入したユーザーが地域社会に貢献し、大きな役割を果たすことは間違いありません。

非常時の電力供給

送電線を使う電気や、ガス管で供給される都市ガスは、災害発生時にインフラが破壊されると供給が途絶え、修復されるまで時間がかかります。LPガスは容器でどこにでも供給可能なので、災害に強いエネルギーです。また、電気や都市ガスは蓄えることはできませんが、LPガスは容器及びバルク貯槽に蓄えられた「軒下在庫」によって、災害時でも使うことができます。

LPガスは、他にも長期保存が可能、ガソリンや軽油に比べてクリーンなエネルギー、運搬が容易といったメリットがあります。

非常用発電機の必要な施設

工場・コンビニ・病院・公共施設等の停電対策にぜひご検討ください。

公民館、消防分団、ビル、マンション、学校、工場、倉庫、スーパー、コンビニ、ホテル、旅館、神社、仏閣、集会場、役所、病院、診療所、介護施設、グループホームなど

非常用発電機の必要な施設

災害時でもLPガスなら容易に調達できます

都市ガスは2000万世帯、LPガスは2400万世帯で利用され、日本全国で容易に入手することが出来ます。災害時でもLPガスなら調達しやすく、移動も簡単、しかも容器及びバルク貯槽で保管できるので安心です。

GENERAC非常用発電機 紹介動画

GENERACの非常用発電機はアメリカ生まれ。国内では100万台もの非常用発電機が稼働しています。アメリカGENERACで製作された非常用発電機の紹介動画を翻訳して、字幕を付けました。ぜひ一度ご覧ください。